TOP

メニュー

検索

育毛剤の基礎知識

育毛剤の基礎知識

薄毛や完全に無毛であることを個性として、自己アピールに活かす人もいるかもしれません。しかし多くの人が本心では薄毛で悩んでいることでしょう。また、女性の薄毛はまた深刻な悩みであることが多く、よく効く育毛剤の需要は絶えません。

でも市販されている育毛剤の種類は多く、闇雲に使用しても効果がない場合もあり、選び方を間違えると副作用などの心配もあります。正しい基礎知識を得て、自分に合ったものを選びましょう。

育毛剤と発毛剤はどちらを選べばいい?

育毛剤と発毛剤は、似ているのでその違いをよく知らずに基礎知識のないまま買い求めている人も少なくないのではないでしょうか。まず育毛剤は医薬部外品であり、発毛剤は医薬品だという大きな違いがあります。そして、その効能の目的がそれぞれ違います。医薬品である発毛剤は、ミノキシジルという成分が配合されていて、薄毛の治療と新たな毛髪の発毛が主な目的で、医師の診断や薬剤師の助言のもと購入できるものです。

壮年性脱毛症などの治療に適していると言えます。一方、育毛剤は医薬部外品であるので薬局やドラッグストアで購入することが出来、今現在ある毛髪の、抜け毛の予防やハリ・コシを与え、髪のボリュームアップさせることを目的としていて、医師の診断上では健常という幅広い層の、髪の悩みや頭皮のトラブルを改善するためのものです。誤解してはいけないのは、毛が無いところには育毛剤は効果が無いということです。あくまで生えている毛とその毛根に対して作用するものです。

育毛剤にはタイプがある

ひとくちに育毛剤と言っても、様々なタイプがあり、それぞれ数多くの商品が市販されています。それは主に抜け毛・薄毛の原因によって違いがあります。ひとつは血行不良によるものです。血行不良の原因自体も様々ですが、例えば運動不足によるものや、たばこや食生活の場合もあるでしょう。思い当たるようならば血行を促進するタイプの育毛商品を選びましょう。

ふたつ目にあげるのは、男性ホルモンが過剰な場合です。遺伝的要素が強いので、家族に薄毛に人がいる場合は男性ホルモンを抑制するようなタイプを選ぶといいでしょう。他には、栄養不足が原因の場合です。生活が不規則だったり寝不足であったりすると、栄養がうまく毛母細胞まで行き届かず、髪の毛が薄く、細くなってしまいます。そういう場合は毛母細胞を活性化させる働きのある育毛商品を選ぶといいでしょう。

誇大広告に注意

注意しなければならないのは、誇大広告を信じすぎないということです。育毛系の商品の宣伝文句として、いかにも数日で効果が出ると謳っている物を多く見かけますが、頭皮も頭髪も、人間の体の一部である以上、育毛剤によって頭皮、毛根が改善されて毛髪が強くなるには、相応の時間が必要で、効果を感じられるまでには根気よく育毛剤や、その他頭髪の成長に必要なケアを続けなければなりません。

魔法のように数日で変わるという商品は信用性に疑われます。なので、派手な広告で目を引き、誇張した宣伝や、過度な値引きで客寄せをするような業者の商品には気をつけたほうがいいでしょう。そのような商品が今まで数えきれないほどあったにもかかわらず、数年の間には見かけなくなることも少なくありません。

やはり現実的な価格設定で、誠実な対応と品質向上に努めている、驚くような即効性は期待できなくても、確実な効能のある商品をおすすめします。基礎知識を身に付け、信頼性のある商品を選んでください。

SHARE

  • SNS