TOP

メニュー

検索

つむじはげに効果があるのは育毛剤だけ?効果的な治し方は?

つむじはげに効果があるのは育毛剤だけ?効果的な治し方は?

年齢を重ねれば誰でも薄毛に悩むもの、しかし近年では若い人の間でもつむじはげに悩んでいる、というケースが増えてきています。つむじはげには育毛剤が効果的。どういった効果をもたらしてくれるのか、おすすめの育毛剤や効果的な処置方法なども含め、つむじはげに特化した情報をまとめました。

年齢を重ねるとどうしても気になるのが髪のボリューム。男性ばかりでなく女性も歳をとると、どうしてもと髪の毛が薄くなってしまい、髪型が決まらないと悩んでいる人は決して少なくありませんよね。加齢による薄毛は老化現象の一種として仕方のないところではありますが、一方、若くても薄毛になってしまうというケースが存在します。特につむじ部位は薄毛になりやすく、多くの人が悩みを覚える部分でもあります。薄毛の原因はその全てが遺伝要素。そう思い込みがちですが、実は病気の一種である可能性が極めて高いことをご存知でしょうか。病気であるのならば治療法だって存在します。つむじはげの原因とは?またその対策や育毛剤についてもまとめました。

つむじはげになる理由は?

つむじがハゲる理由は?

つむじはげが引き起こされる原因は様々です。生活習慣や、ストレスからくるとも言われています。偏った食生活を続けている、睡眠時間がしっかりと取れていない、運動不足などがつむじはげの原因であることも考えられます。もともとつむじは血液の流れにくい部分とされ、血行不良がつむじはげの原因であるケースもあります。薄毛と聞くと、多くの人が遺伝的作用によって起こると考えているかもしれませんが、一概にそうとも言い切れません。確かに遺伝も影響しているケースもありますが、他にも生活習慣や髪の成長サイクルが乱れてしまったり、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる病気が原因であったりするケースが殆どです。

しっかり対策がとれていない

つむじはげが進行してしまう原因として、薄毛になってしまったことに対し、しっかりと対策がとれていないということが考えられます。「薄毛になってしまうのは遺伝が原因」いったんそう思い込んでしまうと、対策も立てづらくなってしまいがち。つむじはげの対策は、生活習慣から見直し、育毛剤や発毛剤などを使用することが何よりも大事です。とはいえ、ある程度症状が進行してしまうと育毛剤では効き目が出ない場合もあります。元々育毛剤はもとにある髪に影響を与える製品である為、もとの髪がなくなってしまうとアプローチする媒体がなくなり、そうなれば効果も現れてくれません。ある程度つむじはげの症状が深刻になれば、病院に行き適切な処置をしてもらう必要があります。

長期間継続していない

育毛剤や発毛剤、または病院で薬を処方して貰ったとしても、それを継続しなければ意味はありません。育毛剤や発毛剤は指示書きされている通りに使用し、使用頻度を守って適切に使用することが大切です。市販の育毛剤であっても、または病院での処方薬であっても直ぐに効果が得られるわけではありません。市販の育毛剤であれば、最低でも3か月程度は使用を続けてみること。また処方薬であれば医師の指示を仰いだ上で投薬を続けてみることが大切です。

つむじはげに効果的な成分は?

プロペシアの服用

脱毛に効果があるとして有名なのが、「プロペシア」と呼ばれる治療薬です。そもそも、つむじはげなどの薄毛は男性ホルモンが影響しています。男性ホルモンからDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質が生成されるのですが、DHTは毛根に影響を及ぼし、脱毛を促すという作用を持っています。プロペシアはこのDHTを生成させない働きをする薬であり、2005年に日本で発売されました。飲むだけで育毛に効果があることが注目されたプロペシア。副作用として男性機能の低下や肝機能に関する症状が引き起こされるという報告もありますが、発現率は低いとされています。

ザガーロの服用

プロペシアと同様の働きを促す薬剤として有名なのが「サガーロ」です。サガーロは2015年に製造販売承認を取得したAGAの新薬です。その作用はプロペシアと同様に、男性ホルモンから生まれるDHTの生成を抑えるというものですが、プロペシア以上に発毛の効果が得られるというデータも存在します。元々はAGAの治療薬としてではなく、前立腺肥大症の治療薬(アボルブ)として発売されていたものです。副作用としてはプロペシアと同様に、男性機能障害や肝機能への影響が挙げられます。サガーロの成分や作用はプロペシアと似ていることから、最初からどちらも使用することは避け、プロペシアが効かなかった時の備えとして考えておく方が無難です。プロペシアもサガーロも男性にのみ適用される薬剤であり、女性のつむじはげなどの薄毛には使用できません。副作用が発症した場合は直ぐに使用を中止し、医師の診断を仰いでください。また20歳未満の使用についても安全性が確保されているわけではありません。気になる場合や不明点があれば、先に医師の指示を仰いだ上で処方されることをおすすめします。

つむじはげに効果的なのは育毛剤

先にも紹介した通り、つむじはげは生活習慣やAGA、ストレスなどが原因で引き起こされるケースも多く、遺伝的影響ばかりではないとされています。なので、決してつむじはげは治らないわけではなく、自分に合った育毛剤の使用や病院で診察を受けるなど、適切な処置を施せば回復は大いに可能です。食生活や飲酒、タバコの摂取を控える、ストレスを溜め込み過ぎないといった生活習慣を見直すことが基本ですが、ただし、ある程度症状が進行しているのであれば生活習慣の見直しだけではままならず、病院で診察を受けたり、育毛剤や発毛剤などを使用したりしなければ治りません。育毛剤の使用は初めての人にとっては若干の抵抗があるかもしれませんが、少しでも気になるようならば決して我慢せずに、育毛剤や発毛剤を使用してみてください。つむじはげは初期症状であれば回復もしやすく、そこまで症状が深刻でなければ受診しなくとも育毛剤だけで治したという人もたくさんいます。

ただし、育毛剤だけを使用し、今までとまったく同じ生活をしていても意味はありません。育毛剤の効果を発揮しやすくする為には、もとの生活を見直し、育毛しやすい環境を体の内側から整えていく必要があるからです。育毛剤に加えて、育毛シャンプーを使用している人も多くいますが、育毛シャンプーは育毛しやすい頭皮環境を整えてくれるので、育毛剤と併用しながら使用するのは有効的な方法だと言えるでしょう。食生活は髪の成分とされるたんぱく質やミネラル、ビタミンやたんぱく質などをしっかりと取り、朝昼晩とバランスの取れた食生活を心がけましょう。加えて、運動を習慣づけることも大切です。脂肪が体につきやすくなると中性脂肪が増加し、結果的に血液が滞ってしまいがちです。血行が不良であれば栄養が行きわたらなくなり、髪の毛が細くなり、結果つむじはげなどの薄毛に繋がります。適度な有酸素運動を心がけておけば、血行不良を解消するばかりでなく、ストレスなどの軽減にも繋がる筈です。

まとめ

つむじはげ、と聞くと中高年の男性がなってしまうイメージが強いですが、実は中高生など、若い人でも悩んでいるケースは意外に多いようです。生活習慣やストレスが原因であるつむじはげ。中高生の多感な時期には、些細なことも全てがストレスに感じてしまうものです。クラブ活動や勉強も忙しく、生活も乱れがちです。生活習慣が乱れるとそのまま精神のバランスも崩れ、夜になっても寝つきが悪い、睡眠時間が充分に確保できていないという悪循環に陥ってしまいがちに。10代~20代の若い時期につむじはげになってしまうのは大変ショックなことですが、つむじはげは誰でもなり得る病気の一種です。気落ちせずに、育毛剤などを使用し、適切な処置を施してください。何よりも早期に対処を取ることが大切です。

SHARE

  • SNS

  • 育毛剤関連コラム